フルオーダー?セミオーダー?注文住宅の違い

フルオーダーの注文住宅とは

フルオーダーの注文住宅は、使用する木材などの素材から間取りや外観にいたるまで、全ての仕様を依頼主が一から決めていくのが特徴です。フルオーダーで注文住宅を建築する際には、設計士やインテリアコーディネーターなどは依頼主のサポート役に回り、何度も話し合いを重ねて住宅の設計を行っていきます。フルオーダーの注文住宅のメリットとしては、間取りや素材など細部にまで自分のこだわりを反映できることです。逆に、こだわりの少ない部分には安価な素材を使用することで費用の調整もできます。ただし、一から全ての仕様を決めていくためにはそれなりの建築知識も必要になり手間もかかるので、フルオーダーの注文住宅を選択する際にはこれらのことも頭に入れておくといいでしょう。

セミオーダーの注文住宅とは

セミオーダーの注文住宅は、基本的な仕様があらかじめ決められているのが特徴です。間取りや家のデザインなどは自由に決められますが、トイレやキッチン、バスルームといった設備は用意されたものの中から選ぶのが基本になります。また、必要に応じて設備をアップグレードしたりグレードダウンしたりすることで費用の調整も可能です。セミオーダーの注文住宅を選ぶメリットとしては、用意されたプランや決められた設備から選ぶため資金計画が立てやすく、打ち合わせの手間が少ないことが挙げられます。建売住宅のようにすでにデザインや仕様が決まっているものではなく、ある程度自分の理想を反映させた住宅にしたいという場合には、セミオーダーの注文住宅は選択肢の一つになり得るでしょう。

賃貸住宅で毎月家賃を支払い続けるよりも、分譲住宅をローンを組んで購入して、その借金を返済する方がお得だといえます。