フルオーダーの注文住宅のメリットとデメリット

家族の希望やライフスタイルに合う住宅を建てられる

フルオーダーの注文住宅は、一戸建てのデザインや部材の種類、部屋の数、インテリアなどを自由に選択できるため、家族の希望やライフスタイルに合った住宅を建てたい人の間で高く評価されています。特に、希少な木材を使ったり、優秀な設計士にデザインを任せたりしたい場合には、フルオーダーの注文住宅の施工数が多いハウスメーカーや工務店に直接相談をすることがおすすめです。最近では、フルオーダーの注文住宅に採用するデザインについて無料でアドバイスをしてくれる住宅業者がたくさんあります。そのため、オリジナルの注文住宅に関心がある場合には、各業者の資料に目を通して、顧客満足度が高いところや、終始不安なく施工を任せられるところを見極めることが肝心です。

住宅の購入費用が高額になりやすい

フルオーダーの注文住宅は、デザインや機能の面で大きな魅力があるものの、一般的に分譲住宅と比較すると購入費用が高額になりやすい傾向が見られます。そのため、フルオーダーにこだわって住宅を建てたい場合には、各地の住宅業者の中でも、明朗会計の料金体系が導入されているところや、シンプルなデザインの施工を得意とするところを優先的に選ぶことがおすすめです。また、住宅業者によっては近隣の銀行や信用金庫などと提携をしているところもあり、住宅ローンを組む際に様々な角度から助言をもらえることがあります。そこで、フルオーダーの注文住宅の購入費用について悩んでいるときには、顧客対応が良い住宅業者にコンタクトを取りましょう。

一戸建ては土地と建物がセットなので、マンションよりも不動産価値が高く、マンションよりもお金を多く借りられるのでお得です。