注文住宅の施工業者の選び方

施工業者の種類について

注文住宅の施工業者を探す前に、依頼先はどんな種類があるのかを知っておくことがオススメです。
施工業者は大きく分けて、ハウスメーカー・工務店・設計事務所の三種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるためそれを把握して選ぶことが大切となります。
特徴としては、ハウスメーカーは契約管理は自社で行なって、施工は下請け工務店に依頼することが一般的です。デザインや間取りの規格がある程度決められているのも特徴といえます。
工務店は地域に密着していて、その土地にあった家造りができます。ただし、工務店によって得意な分野が異なるため選び方は難しいとされています。
設計事務所は設計を建築家が行なって、施工は工務店が行うというのが特徴です。個性のある家造りができます。

メリット・デメリットで選ぶ

どこの施工業者が良いのかは、収入や家造りに求めることによって変わってきます。そのため施工業者を選ぶ場合には、それぞれのメリット・デメリットを理解します。
ハウスメーカーは品質が一定で安定しており、高機能な家造りが可能です。アフターサービスなども充実していて住宅ローン審査が通りやすい反面、規格が決められているため注文住宅でも自由度が低く、比較的価格が高くなっています。
工務店は、自由なプランで家を建てられます。中間業者がいないため比較的安い費用で家を建てることができ、コミュニケーションをしっかりしてもらえます。しかし、工務店によって技術力などにばらつきがあったり、工期が長いなどがデメリットです。
設計事務所は、デザインの自由度が高く建築家が設計するため細部にまでこだわれます。ただし、設計料がかかったり、設計期間が長くなる傾向あります。